id:bekkou68

よく使っているアイコンです。

思い

生きることは学ぶこと。

せっかく学ぶなら、たのしく。

たのしく学ぶことは生きる活力となるから。

たのしく生きることにつながるから。

詳細

自己紹介

自分で考えて自分でつくることが好き。言葉の成り立ちを学ぶことが好き。『アジャイルサムライ』翻訳者。ソフトウェア開発やプロセス改善を主軸に複数の企業に関わる。「英語を語源で学ぶたのしさ」を発信する Gogengo! や『語源の広場』を運営。好きな英単語は company と education。モットーは「生きることは学ぶこと。せっかく学ぶなら、たのしく」。

語源を学ぶたのしさを伝える

Gogengo!

Gogengo! ロゴ

Gogengo! は、「英単語を語源で学べる」サービスです。「英単語を語源で学べる」とはどういうことかと言うと、たとえば、prepaid は pre と paid のように分けることができます。分けられたそれぞれのパーツのことを「語源」と呼びます。「語源」は、漢字の部首と似たものだとお考えください。「語源」には意味があります。pre は「前もって」、paid は「支払った」を意味します。これら二つの意味が合わさることで、prepaid は「前払い」を意味します。このように学ぶと理由があるので覚えやすく、雑学としてもたのしめます。

2009 年 6 月にサービスを公開して八年が経ちました。今では毎月 3 万人の方々に見ていただけるようになりました。Twitter や Facebook もやっていますので、あわせてご覧ください。Gogengo! について詳しく知りたいかたは、こちらの記事でお読みになれます。

語源の広場

語源の広場 ロゴ

『語源の広場』は、『英語耳』松澤喜好さん、『日本語と英語をつなぐ』すずきひろしさん、角掛拓未の三名で運営しているブログです。お互いのコンテンツを持ち寄り、多角的な視点で語源を解説しています。頻度の高い順で英単語を一覧できるので、語源と合わせてさらに効率よく学べます。

翻訳書

アジャイルサムライ

ソフトウェア開発の進めかたの一つに「アジャイル」があります。アジャイルは、「こまめに話し合いながらよりよいものをつくろう」という発想です。そんなアジャイルをわかりやすく解説する『アジャイルサムライ』を翻訳しました。原文のフレンドリーな雰囲気が伝わるように心がけました。著者の Jonathan Rasmusson さんは、アジャイルをはじめて学ぶ人がたくさんの本を読まなくていいように、七冊の関連書を本書にまとめました。ですので、この一冊でアジャイルについて網羅できます。

プロジェクトのチームで読んで話し合うと、仕事の進め方や大事にすることを共有できるのでおすすめです。全国で読書会がひらかれています。おかげさまで 15 刷となり、3 万部を突破しました。

お知らせ

おはなし

略歴

詳細

スキル・経験

ソフトウェア開発やプロセス改善を主軸に仕事をしています。

詳細

ソーシャル